05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

久ぶりデービル(久しぶりで~す)

2009年09月13日

長いこと、ブログをお休みしていたら、友人たちから「お元気ですか?」のメールやらがきてご心配いただきましたが、「鬼っ子世に憚る?」で、デージガンジュウ(とっても元気! )です。

PCがとても重くて、サクサクいかないので、ついPCの前に座らなくなっちゃって・・・
すみませんでした。ブログちっとも新しくなってなくって


お盆には(今年の旧暦のお盆は9月1日~3日まで)、ワタクシもグソー(極楽)から帰還するご先祖に会いに、ちらっと沖縄へ。

CIMG1879.jpg


今年は特別暑いらしく連日33度とのこと。
良く勘違いなさって「沖縄は本土より暑いから夏は強いでしょう?」と質問を受けますが、実は夏の季節が長いだけであって、高知の夏のほうがずっと暑いと思います。
実際、毎日の天気予報の最高気温は8月は連日沖縄の方が2,3度低いのです。

熊谷みたいに37度とかにはならないのです。沖縄をインドのように暑いと思っているおんちゃん(土佐弁でおじさん)がいて困ります。
5月から10月くらいまで30度前後の長~い夏が横たわっているのです。


沖縄では新型インフルエンザが流行っていて、スーパーのレジの方もマスク着用。老人ホーム等の面会者もマスク着用で受付で10円で購入しなくてはいけません。

実はそれより気になったのがレジの後ろのドルの値段。
OH! MY GOTの円高!!海外旅行のチャンスやん~
しかしちょっと円高が過ぎるなあ~世界不況の中、この円高は輸出に悪影響では?
現在91・4円になっているようですが・・・

CIMG1875ドル



そして我が家から歩いて5分のモノレール・牧志駅にはこんな張り紙が・・・
CIMG1880 不発
画面上でクリックして大きくして読んでください。

太平洋戦争(第二次世界大戦)の時の不発弾の処理のためモノレールの運休を知らせています。
地雷よりマシかもしれませんが、何十年たっても、戦争の爪跡が残っています。


沖縄の海は夢のように綺麗です。空も雲も絵のようです。
沖縄ブームで本土からの資本と移住組で溢れかえり、地元民は汲汲しているように感じます。
失業率日本一!。低所得。吸い上げられて、搾取じゃないかい?の最低賃金のオンパレードに目をみはります。沖縄の人は欲が薄いのでそうなるのでしょうか?

高知の知人が「沖縄はブームで良いねえ~高知も、早く(来年の大河ドラマ「竜馬」で)ブームになって景気が良くなると良いのに~」と。
確かに寂しげな街より元気な街が魅力的かもしれませんが、ブームに煽られ失うものも大きいのでは?・・・。
乱開発なのでは?首を傾げたくなる、沖縄北部の美しい海岸線だった所の大規模な埋立地を見てそう思いました。


友人とたわいのないおしゃべりをしたり、夜のドライブを楽しんだりとても楽しい里帰りでもありましたが、沖縄の、日本の将来を憂ってしまったワタクシでした。

そうそう、スタバのドライブスルーがありました。さすが、車社会の沖縄だなあと思ったしだいです。
スポンサーサイト
沖縄 | コメント(2) | トラックバック(0)

沖縄料理 ナーベーラーウブシー ヘチマの味噌炒め煮

2008年08月30日
ヘチマを食べるとは・・・と、お思いでしょうが、これは立派な沖縄の家庭料理です。
ヘチマはナーベーラーと呼ばれています。「鍋洗い」から来ているそうです。


へちまクッキングのお時間で~す

ナーベーラーウブシー=ヘチマの味噌炒め煮


材料:  テーゲー(適当、いい加減)でも、うまくいきますので作ってみて下さい。

ヘチマ 好きな人は一人1本以上。初めての人は二人で1本。
     以下ヘチマ30センチ前後、1本に対しての分量です。
豚肉  薄切り100g
だし汁 80cc~200cc
油   大2杯
味噌  大1/2~1杯
砂糖 お好みで。

家でグリーンカーテンにしている採れたて、無農薬のへちまちゃんを使用して、久しぶりに作ってみました。。 

葉っぱが起毛していて結構チクチクするからでしょうか、余り虫が来ないみたいです。
「絵描」って虫が葉の表面で遊んだらしく、白い曲線を残しています。でもワタクシはその「えかき」くんには会ったことがございません。シアワセです!          
             CIMG0845ヘチマ実

30センチ前後に成長したら食べごろ。厚く皮をむき、1.5~2センチの輪切りにします。
60センチくらいになると繊維が立って美味しくないので、成長し過ぎたヘチマは、たわしにしましょう。
CIMG0846へちま皮

  フライパンに油を大さじ2を入れ豚肉の薄切りを炒め、ヘチマを入れ炒める。
                 
                          CIMG0850ヘチマ炒める

だし汁、ヘチマ1本に対し80cc~200cc入れ、蓋をしてさらに煮る。
お汁っぽくしたかったらだし汁を多めに。「麺つゆ」でもOK。ヘチマからも甘い水分がでます。

味噌をヘチマ1本につき、大さじ1/2~1を入れさらに煮て出来上がり。
お味噌によりますが、隠し味で砂糖を入れても良いです。
冷やして食べてもおいしいです。暑気払いにもってこいです。

CIMG0854ヘ<br />チマ上がり
 
沖縄料理はヴィジュアルがイマイチですが、周知のとおり体には優しいと思います。
種ですが、そのまま食してください。
スイカみたいに、口からスイカは生えてこないと思います
            
沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0)

ローマは一日にして成らず

2008年08月19日
昨日、高知に戻って来ました。

行き先は、実家の那覇市

この夏は、4泊5日。実質3日間だけ。

高知より涼しいし、食事もおいしいし、友達もいるし、里心いっぱいで帰宅しました。

『山本のお父さん(舅)、母さん(姑)にも、私と同じように孝行してね』って母に常々言われているので、帰宅して、「お嫁さま」を頑張ってやっていま~~す。

さてさて、沖縄で小学、中学、高、仲良し7人で会いました。その中で中、高一緒のO子ちゃんに「どうやって、体型を維持しているの?」と質問。

O子ちゃんは那覇市のメーンストリート国際通りでブティックをしています。
昔と変わらずスレンダー夏木マリ似の素敵さを保っています。

彼女いわく
『毎日体重計に乗り、1キロでも増えたら、一段の階段昇降を40分!』
な、な、何と40分ですぞhそれも一つの動作を!
もし、一日で戻らなかったら次の日もやるそうです。
たいがい一日で戻るそうですが・・・

中年体型まっしぐらなワタクシはじめ友人は唖然!
『テレビ見ながらやれば、たいしたことないわよ~~』と、さらりと進めてくれました。
やはり、「ローマは一日にして成らず」でございました。

とてもたくさん笑って、たくさん食べて、飲んで幼馴染はありがたいです。

彼女たちの笑顔を思い出すだけで、元気が出ます
皆に良いことがいっぱいありますように~~
沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0)

グリーンカーテン3 ゴーヤーの実

2008年07月15日
見て!見て!ゴーヤーの実です。今年初めての雌花です。中心は緑色です。
下の実は2センチ足らずなのに、もう、イボイボが        
初なりで~す。拝んじゃおうかしら拡大して見てね~~           

                   CIMG0680実


沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0)

古代蓮・2 沖縄の旧盆

2008年07月13日
最近のお好みはロータスティです。香りが大好き
当たり前でしょうが、本物の蓮と同じ香りがします。

先日UPした図書館の古代蓮の蕾が、風にゆれ綺麗に咲いていました。
古代蓮って推定二千年前の種子から発芽させたものなんですって。                    

だいたい蓮の花は大きな池に咲いているし、近づくことができないのですが、香我美図書館の前の池は、一坪?くらいの大きさで、家庭の池か雨上がりの水溜りみたいに地続きなので、鼻先を持っていって、香りを嗅ぐことができます~~
その清い香り~~UU~~N~ し・あ・わ・せ
「お手々とお手々をあわせて、し・あ・わ・せ(皺合わせ)」って、コマーシャルがありましたよね。
そんな感じです。やっぱり仏教のイメージが強いけど、大好きな花のひとつです。
 

           蓮2



今日は、お盆入りですね。
沖縄では旧暦でしていたし、嫁ぎ先の高知はあまり熱心にまつりごとをしない地域みたいで・・・いや~沖縄が熱心すぎるかも~~ですから、新暦の今日も、月遅れの8月13日からのお盆も馴染みがありません。

今年は驚いたことに、旧暦がぴったり、月遅れのお盆と重なっています。ワタクシの記憶では初めてのことです。
お盆は里帰りします。沖縄では正月より、もしかしたら、大切な行事かもしれません。

沖縄のお盆は旧暦7月7日の七夕に、お墓に「ご祖先さま、13日にはお迎えにきますので~」の挨拶と掃除(これは男性の仕事)で始まります。家屋敷、仏壇の大掃除などなど、お仏壇のあるお家やムートゥヤー(本家)は大忙しです

私の家は仏壇があったので、祖母や母と、一緒にお盆の準備をするのも、子供の時からの夏休みの一大イベントでした。
普段触っていけない、香炉やお位牌の掃除のお手伝い
五重塔のような提灯や、涼しげな草花の絵が描かれた長い提灯や、仏様用の小さな塗りの食器セットの出し入れ。私はこのセットで食事がしたいと、母を困らせたようですが・・・
重箱料理のほかに作る、トンカツなどの衣付け、お客様へのお茶だし等など~
重箱に入れるかまぼこは20歳すぎても切らしてもらえませんでしたが・・・
子供でもできることが、いっぱいありました

その時しか使わない器、その時にしか会うことのない親戚。
神妙に拝んだ後の、従姉妹たちとの談笑。
祖先を敬う気持ちと、新調してもらうワンピースを着る喜び。
お盆はいろんな感情が入り混じった夏の思い出です。

しかし、最近判ったことですが、沖縄では、お盆は「嫁」の不満が、一気に爆発する時期でもあるようです。特に忙しい共稼ぎ夫婦や、長男の嫁でない方々の
沖縄は祭り事が多く親戚付き合いも深いので、将来仏壇を持つことになるであろう長男嫁になりたがらないし,嫁がせたくない人が多いです。
でも、せっかく次男と結婚しても、お手伝いに借り出されたりするわけです。覚悟がない分、腹も立つようです。

極めつけは、長男が県外にいて、お盆の時にだけ帰省し、そのお嫁さんも一緒にスキューバーなんかに行っちゃうケースです。何処の親も一緒です。たまに会う子は親にとって嬉しいものですが・・・
「お盆の頃は泳ぎに行ってはいけません!」と孫に言っていたはずの姑が、目じりを下げ「もぐりにいくの?行っておいで、行っておいで。あんたたちは、内地で忙しいからね~」とお見送り。
そばでエプロン姿の次男、三男嫁は、引きつる笑顔。
「私だって、フルタイムで働いています。お盆の他にも、やれ彼岸だ~、清明祭だ~と重箱作るからって、私を呼ぶのにあっちはお客様扱い]私は無料で使えるお手伝いさん?」となるわけです。

お姑さんは賢くないといけないな~としみじみ思います。昔とは違っていますから~
同居していなくても、朝から晩までご馳走作り、お中元配りにタクシー替わりに使われると、同級生たちが零していました。「いや!」と言えない優しい性格?ゆえに不満がでるようです。
(沖縄のお中元戦線はこの旧暦のお盆のころ。年により、9月の初めがお盆だったりするので、「お中元」の文字が季節外れに感じることもあります。)


旧盆期間中、旅行者気をつけなくてはいけません
沖縄ではお盆の期間中、旧暦13日の夕刻から、道路が非常に渋滞します
タクシーなんか乗っていたら、カチカチ上がるメーターに降りて歩きたくなります。

13日夕方はお墓にお迎えに行ったり、ご馳走の準備。会社など夏休みに入ったり、里帰りなどで、とても、道が込み合います。
14日は親戚の仏壇まわりをします。お中元配りで渋滞です。
15日はウークイ(お送り)で重箱を作ります。お餅やご馳走の買出しで渋滞です。

ウークイは夜更けまでご先祖さまに愉しんでもらいます。各家で飲むので結構酔っ払いも多いかも。
南部などでは16日にウークイをする所もあるようです。

16日は個人商店や飲食店などお休みが多く、公設市場なども個々に休んだりします
数年前、お友達と待ち合わせしようとしたのですが、気に入った所は、どっこも休みで結局ホテルで、食事と言うことになったことがありました。

でも、この期間だけのスペシャルイベントが
エイサー、獅子舞、村芝居、アンガマーなど民衆芸能が楽しめます。
エイサーは太鼓や鉦を打ち鳴らし、辻々で青年団が踊ります。黒と白のキリットした衣装も素敵です。
那覇市の国際通りの近くでも見られます。
「エイサー、エイサー、ヒヤルガ エイサー スイ!スイ!」と口ずさむだけで、チムドンドン(心臓パクパク ワクワク)します

香りの記憶、音の記憶、忘れていたことを思い出させてくれます


沖縄 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。