06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アンマー=母

2010年10月12日
♪いったアンマーまあかいがーー♪(あなたのお母さんはどこにいくの?)
♪べべーの草刈いが~♪(ヤギの餌である草を刈りに)
沖縄の童謡です。


母は9月14日に、あの世に旅立ちました。101歳でした。
心の準備はしていました。
でもチルダイ(魂がぬけたようになること)
本に逃げ込んでいましたが、天寿をまっとうし、一生懸命生きたであろう母に「はっさもー」(まったくもって)と呆れられないうちに、立ち上がらなくてはいけません。


亡我の人でした。
昔の人でしたので、家のため、家族のため、私たち子供のため、一生懸命でした。

「天からの預かりもの(母曰く、子供は、天から授かりものではなく、神様から預かっている)」と思って私たち6人兄弟を大事に育ててくれました。


綺麗な死に顔でした。色も白く、100歳を超えているようには見えませんでした。
メークアーティストである義姉のまりちゃんが、血色良くとても綺麗にお化粧をしてくれました。

留袖を着て、金襴の帯に新しい帯揚げと帯締め。白足袋を履いた足は膨れていましたが・・・
先に逝っている父と再会するのですから、綺麗でなくてはいけません。
ほんとに、ちょっと目をつぶっているだけで、すぐに起きそうなくらい・・・



のびのび、愛情タップリに育ててくれて、ありがとう!

厳しくやかしい母親(祖母)に育てられたからと、私たちを自由に育ててくれました。
しかし、晩年「あんたたちに言いたいことを半分も言わなかった。
もう少し進言するべきだった」と困った顔で、そして「まあまあに育ったからいいね。」と笑顔で言っていました。

47歳で私を産んでくれて、ありがとう!

子供の時は親が年がいっているのが恥ずかしかった。(ごめんなさい)でも今は、「47歳で産んでくれたの!」と、ちょっぴり自慢。
驚く友人たちに言われるのは、「お母さん、死ぬ気で産んでくださったのね」と。
50過ぎての子育ては中々大変だったと思います。
母は「上が(姉や兄)面倒を見てくれるから」と言っていました。
感謝の気持ちでいっぱいです。



沖縄では納骨は葬儀が終わったら、すぐにします。
通夜、火葬、葬式、告別式、納骨の順です。
母が育った家があったお向かい、若かりし頃お花とお茶を習いに行っていた、遠縁にもあたる大典寺で葬儀、告別式をしました。

その後すぐに、納骨のため識名霊園に車で移動。
青空で良い天気でしたのに、移動し始めたら突然の雨。
沖縄では「カタブイ」と言いますが、狐の嫁入りで、片側は青空で、道路の向こう方のアスファルトも乾いているのに、私たちの頭上だけ雨、雨、涙雨。
窓の外に、虹を見つけ、しばし車中を和やかにしてくれました。

霊園につくと、明るい空から台風のような、風雨で、降りることも出来ません。
久しぶりに会う浜松の兄に抱かれ、すぐにお別れしたくなかったのかもしれません。

小雨になり葬儀社の方がテントを張ってくださり、うそみたいに降っていた雨は止み無事納骨をしました。
私は終始墓前にいてテントの中で見逃したのですが、少し離れていた兄たちは、うちのお墓だけから大量の蒸気が上がり、その向こうに大きな虹が架かっていたのを見たそうです。
母が天に登ったのを見た思いだったそうです。

母は天寿を全うし、あの世にいってしまいました。
霊感の強い方が「お母さんは真っ直ぐ、天に上がっていきました。どこにも寄り道せずに」と言ってくれ、私たちもそうに違いないと確信しています。

ありがとう!ありがとう!産んでくれて、ありがとう!
一世紀、ほんとうにお疲れ様でした。

父が17年前に逝った時「お父さんのお蔭で、ちょっと人と違う人生で面白かった。」と、言っていたのを思い出します。
そして80歳を過ぎていた母が「最近何だか、歳を取った気がする」と言った言葉も忘れられません。

せっかく産んでくれたんだもの、楽しく一生懸命生きないといけませんね。
まずは、目の前にせまっている、仕事に全力投球です。



スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)

梅雨でんな~

2009年07月05日

久しぶりにブログを・・・美しい夏らしいヴィジュアルでまとめて~~
なんて思っていたら、が・が・が・が~~ん写真がUPできずにいます

和愉会の涼しげなお花の写真や、この前出かけた伊野の紙の博物館の帰りにみた、川面の霧の写真など、たくさん掲載するゾ!っと張り切っていたのに・・・
デジカメの電源が入らない!充電器が点滅し、電池に故障があるようで・・・

まじでっか!って感じっす!って感じです。


最近色んなものが壊れて・・・
水曜は給湯器を取替えました。
車も時々クーラーが暖房になったり、その上、窓が開かなかったり車検の前には買い替えしなくては・・・

いえ、別に物凄いぶち壊しパワーを(誰がじゃ?)発揮したり、磁場が何とかとかでなく、単純に買い替え時期なのでしょうが・・・
デジカメは、まだ二年使ってなのですけど・・・
家電などの寿命が短いと思うのは私だけ?
まとまって来られると痛い!です。

梅雨を爽やかに!と思ってブログ書くはずがちょっと泣きが入ってしまいました。


今年もグリーンカーテンをしています。(写真UPしたかったな~~)
今年は一昨年と同じくゴーヤにしました。背はまだ1.5mくらいですが、2cmくらいの実が付いています。
そして、エイリアンのように大きく茂るとホームセンターで言われたので、オーシャンブルーも一本買って植えてみました。
濃い青紫の大きめの朝顔と思っていただけららよいでしょうか。
一昨日やっと花が一輪咲き今蕾がいっぱいで、これから楽しみです。もう2.5mくらいになり横に張っていっています。2階から紐をたらすと登って行くそうです。ジャックと豆の木みたいで楽しいのですが、台風県ゆえ止めました。

オーシャンブルーはヘチマやゴーヤのように食べられませんが、目のご馳走です。

涼しく夏をお過ごしくださいませね。



| コメント(4) | トラックバック(0)

感謝!テレビ高知さん

2008年11月08日
今朝のテレビ高知の 「じゃらん じゃらん」で、「おしゃべりな帽子たち PARTY Party」展示会の紹介をして下さいました。
ありがたい気持ちでいっぱいです。
感謝!感謝!です
| コメント(0) | トラックバック(0)

ノーベル賞

2008年10月08日
すんばらし~~~

物理と化学で、ノーベル賞4人!

昨夜の、南部さん(物理オンチでも、お名前を存じ上げております。門外漢でも知っている!それだけでも、凄いことですよね) 益川さん小林さんたちの コメントの素敵だったこと

お互いを思いやり、謙虚で、品性があり、チャーミングでした


今、スマイルズの「自助論」という、100年程前の本を読んでいます。
「自ら助くるを助く」って聞いたことありますでしょ?

簡単に説明すると、個人が充実して勤勉なら、国は栄える!
そのノウハウ?を教えてくれる本です。ちょっと軽めの要約ですが・・・

勤勉、謙虚、忍耐、人間性 それがいかに大切か、物凄い人数の偉人(時々判らない偉人もいますが・・・)を網羅して説明しています。

今回のノーベル賞受賞者に共通する特性のオンパレードですホントに共通項が多いです
ちょっと、元気を出したい時、迷いがある時、くじけそうな時、難儀だなと思ったとき、読むことをお奨めします

実例が凄いので(ホントによく調べたもんだと関心します)納得しながら、ページをめくる都度に勇気が湧きます

努力はいつか認められる!それまで没頭して好きな仕事を真っ直ぐやる!

そんな、ノーベル賞受賞者に、日本の未来は明るいと見ました!
しかし、1/2はアメリカにいることが、ちと寂しいですが・・・

ノーベル賞おめでとうございますです。そして、

日本人に勇気を下さってありがとうございます
| コメント(0) | トラックバック(0)

オダジョー

2008年10月04日
先日のオダギリジョー様の「傘がない」は、井上陽水さんのためのプロモーションビデオだそうです。

ミーヤさんのコメントの通りで御座いました。
何しろ、オダジョー(そう呼ぶらしいです)ファン歴何日目??ですので、知らない事ばっかりです。
ありがとう~~

若かりし頃の陽水さんという、設定だそうです。

オダギリジョウーの歌う声ってどんな声かしらと探したらありました
これも中々グッときます
聞き入ってしまいます。
秋だから、ちょっとうるっとくるかもです

                       「悲しくてやりきれない」

         

仕事の前にオダジョー、疲労回復にオダジョーおやすみ前にオダジョー

ジョニー・ディップ様(良いですよね)と同じ匂いがすると思うのはワタクシだけ?
| コメント(0) | トラックバック(0)

胸キュン

2008年10月01日
たまたまYou Tubu でオダギリジョーに遭遇

久しぶりに 胸キュン 全然意識してなかったのに、恋に落ちたみたい!
ワタクシけっしってミーハーではございませんのよ。でも何だかとっても、虜になっちゃったみたい
誰じゃ!老いらくの恋なんて言う奴は

陽水の「傘がない」ですが、若い頃流行っていたので、気持ちが揺り動かされるのかもしれません。まあ~~見て!みて~~!


      


You Tube の オダギリジョーを見まくってしまいました。

「odagirijoe film」っていうのに
「世界で一番好きな人は自分」
「ワガママであること―オダギリジョー」という文字が きゃ~~グっときちゃいました。

ワタクシも一番好きなのは自分だったはずなのに・・・自分が一番好き!っていうのは自分を大切にすることで、他人も大事ににすることに通じると思うのです。

「ワガママ」も我儘できる立場?環境・じゃないと我儘できないものです。
ポリシー通すとか、良い意味のワガママってありますよね。それには賛成
ワタクシはワガママが出来る人はワガママで良いと思います。

いや~~久しぶりの ト・キ・メ・キに、顔も心も良い具合にフニャ~~として
シ・ア・ワ・セ

いろんなことを思い出させてくれて オダギリジョーさま ありがとう

| コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。