07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

沖縄料理 ナーベーラーウブシー ヘチマの味噌炒め煮

2008年08月30日
ヘチマを食べるとは・・・と、お思いでしょうが、これは立派な沖縄の家庭料理です。
ヘチマはナーベーラーと呼ばれています。「鍋洗い」から来ているそうです。


へちまクッキングのお時間で~す

ナーベーラーウブシー=ヘチマの味噌炒め煮


材料:  テーゲー(適当、いい加減)でも、うまくいきますので作ってみて下さい。

ヘチマ 好きな人は一人1本以上。初めての人は二人で1本。
     以下ヘチマ30センチ前後、1本に対しての分量です。
豚肉  薄切り100g
だし汁 80cc~200cc
油   大2杯
味噌  大1/2~1杯
砂糖 お好みで。

家でグリーンカーテンにしている採れたて、無農薬のへちまちゃんを使用して、久しぶりに作ってみました。。 

葉っぱが起毛していて結構チクチクするからでしょうか、余り虫が来ないみたいです。
「絵描」って虫が葉の表面で遊んだらしく、白い曲線を残しています。でもワタクシはその「えかき」くんには会ったことがございません。シアワセです!          
             CIMG0845ヘチマ実

30センチ前後に成長したら食べごろ。厚く皮をむき、1.5~2センチの輪切りにします。
60センチくらいになると繊維が立って美味しくないので、成長し過ぎたヘチマは、たわしにしましょう。
CIMG0846へちま皮

  フライパンに油を大さじ2を入れ豚肉の薄切りを炒め、ヘチマを入れ炒める。
                 
                          CIMG0850ヘチマ炒める

だし汁、ヘチマ1本に対し80cc~200cc入れ、蓋をしてさらに煮る。
お汁っぽくしたかったらだし汁を多めに。「麺つゆ」でもOK。ヘチマからも甘い水分がでます。

味噌をヘチマ1本につき、大さじ1/2~1を入れさらに煮て出来上がり。
お味噌によりますが、隠し味で砂糖を入れても良いです。
冷やして食べてもおいしいです。暑気払いにもってこいです。

CIMG0854ヘ<br />チマ上がり
 
沖縄料理はヴィジュアルがイマイチですが、周知のとおり体には優しいと思います。
種ですが、そのまま食してください。
スイカみたいに、口からスイカは生えてこないと思います
            
スポンサーサイト
沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘチマのグリーン・カーテン

2008年08月29日
グリーンカーテンにした、へちまに実がつき、何本か取れたので、沖縄料理を作ることの
エコと食で、満足満足

CIMG086ヘチマカーテン
         大きな花と葉っぱがヘチマ。小さい花と小さい葉っぱがゴーヤー



前にも書いたのですが、ヘチマは沖縄では20センチ~30センチの時収穫して、炒め煮や味噌汁の具にしたりします。ナーベーラーといいます。

ナーべーラーウブシー(へちまの炒め煮)にしたので、作り方は次回。
自然 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。