02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バース

2009年03月25日
日本 WBC連覇 おめでとう!
中々の見ごたえでしたね。途中からでしたが、昼食しながら、仕事しつつチラ観

さて、我が家は阪神ファンです。夫婦円満のため、「亭主の好きな赤烏帽子」と言うか「亭主の好きな虎柄」で私も自然と阪神ファンに。

今年は男前の真弓監督になりました。
ランディー・バースに似ているというだけで、道頓堀に飛び込まされた?カーネルおじさんも見つかり、呪いも解け、今年は優勝!と思っています。
WBC優勝で日本が元気付くように、阪神の優勝は経済効果も絶大

愛犬もランディー・バース様より、名前を頂戴しました。
ですから愛犬バースも気は優しいけど力持ちを発揮し、つねに紳士的でした。(物凄い親ばかで~す)


DSCF0208niwa バース

ご機嫌よく散歩するバースです。
ありがとう!ありがとう!バースのお蔭で楽しかった

今日はバースの四十九日です。
友人が申すには、動物は人間のように煩悩がないので四十九日はいらないそうです・・・。


朝、早起きをして、バースと散歩したコースを逝ってから、初めて散歩しました。

白い木苺の花が満開でした。もうすぐ、バースの大好きな木苺の季節だね。
いち早く、紅く実った実を葉っぱの陰からでも見つけるのが得意だったね。
棘があるから、二、三粒採って上げて、「もう、お仕舞!」というとまた歩き始めたね。

一重の紅い椿はもう木には咲いていませんでした。
落下した椿の花をくわえた小さい時のバースは本当に愛らしかった。
ぬいぐるみみたいで・・・ムクムクした白い毛に紅い椿が絶妙で・・・
いつまでも写真が撮れなかったことが残念でした。

蜜柑畑ばかりだから、路にゴロゴロ落ちている蜜柑を拾っては家まで持って帰ったね。
「口が疲れるから」と取ろうとしても絶対嫌々したね。
道行く人に「バース、何くわえているがあ?」とよく訊かれましたね。
家路についたら、ポロっと落として、満足そうだったね。

そうそう、レトリバーは物(狩猟された鳥など)を運ぶ事がDNEで組み込まれているからでしょうか、2、3mある竹や木を引きずって散歩もしたね意地でも、放さなかったね。大好きなパンと交換しようと持ちかけても?任務遂行でしたね。

拾い喰いしては、パパとママから「駄目!ダメ!」といわれ「ダメダメボーイは今日もまた、ダメ!ダメ!」と古いギャグソングをよく歌わせてくれましたね。

道々いろんなことを思い出しました。

DSCF0205ばーす光
後光が差しているバース。でもちょっと恐々?なに見ているのかしら???


橋の下から生えている大きな枇杷の木、ビックリしたことに、もう青い実が付いていました。
いつも皮を剥いて、種も出してあげてるのが待ちきれなくて、白いガードレールに前足を引っ掛けて、待っていたね。
パパがいないとき、お散歩をお願いしたイケメン君が、「バースが枇杷の木に突進してムシャムシャ枇杷の実を食べたけど大丈夫かな?」と・・・
「皮を剥いて種を除いて、一、二個あげて ”お仕舞~”っていうと、また散歩を続けるから」と話をしたら、ちょっと呆れる顔をされましたっけインド人もビックリ!の過保護ぶり~~
坂道にくると何故か、首の横をこすり付けてマーキングしていましたね。砂浴びっていうらしいのですが・・・

パンッ!とカラス脅しの空砲、バースは最初ビックッとしたけど、3回目からは慣れてしまってちっとも驚かなくなったよね。垂れ耳だから音に寛容だったね。
でも三年くらい前に、私自身も体験したことのない稲妻、雷の晩から、すっかり雷嫌いになって・・・
それまで、雷が鳴っても平気で眠っていたのに、パパに添い寝してもらっても怖がるようになって・・・

季節になると、家の畑で蜜柑を剥いて三人で味見もしたね。ちゃんとお座りして、でも時々剥くのが待ちきれなくて、ママに早く早くとすがることもあったね。

DSCF0207バース年賀

菜の花も、桜も、カラーの花も、咲いています。

いつもと同じように、季節は巡っています。


今日は花冷えです。「バースの逝った日より寒いね!暖かかったからよかったね。親孝行だったね」って夫と話しています。

小さい時は、納屋の杉の板の戸を7面全部壊したり、カナヅチをくわえて走ったり、4畳半のカーペットを連獅子の舞のように振りくり回したり、怪力ぶりを発揮!ランディーバース顔負けのヤンチャぶり。将来を案じたものでした。

でもその分、晩年は本当に親孝行でした。
ありがとうバース世界一好きだよ

楽しかった日々を思い出して、バースの冥福を祈っています。
空は青空、雲が薄くたなびき、バースが駆けているのが、はっきり見えます。
きっと、友人たちの愛犬たちと、虹の橋でご機嫌よく、じゃれあっていることだと思います。

WBC世界チャンピヨ~ン日本!元気を取り戻さなくてはいけません。
私も明るい方を見て歩いていきます。



スポンサーサイト
ペット | コメント(3) | トラックバック(0)

不思議な体験

2009年03月20日
ブログにコメント、メッセージをくださり嬉しく読んでいます。
お返事をコメント欄でと思ってもなぜか、禁止ワードとかに引っかかって・・・
申し訳ありませんが、この場で「ありがとう!」です。

koukikoiさん、えっちゃん、M田さん、バースのことへのメッセージありがとう御座います。
M田さん!ジャッキーちゃんは、ご機嫌なママがきっと好きなので笑顔でいてくださいね。

拍手ってなに?って質問をうけます。ま~~読みました~!の印だったり感動?だったり?励ましだと思っています。
まだ、拍手やメッセージなど書き込みしたことのない、あなた
下の拍手をクリックしたり、コメントの所をクリックすると書き込めますので、どうぞよろしくお願いします


さてさた、私はせんぜん不思議な体験とは思っていないのですが、・・・
こんな話を書いて、頭がおかしくなったと思われたら困るのですが・・・

こんな、体験をしました。

5時から起きて仕事(帽子)をするつもりで毎日いるのですが、なかなか温いお布団の誘惑には勝てず・・・
三日ほど前の朝、5時前に「ママ」と呼ぶ声が
以前にも何度も「ママ」と呼ぶ声で目が覚め、「はい」なんて返事していました・・
・夫の声とはトーンが違います。

三日前の朝、初めてバースだと認識今までは、バースだとまったく思わず夢
かと思って二度寝・・・
でもその朝は、「あ!バースだ」と思って、暗いベットの上で思わず「マミアブダブ
ツ」と合掌(笑)。
そして、あ!バースは洋犬だからと「アーメン」といっていました(笑)。

遅れ気味の仕事を心配して、起こしてくれていたのかもしれません。

声は「フランダースの犬」のネロ少年?それとも「母を訪ねて三千里」?の少年の声
でした。なかなか、良い声でした

魂は永遠と慰めて下さった、瑠海さん。バースはそばにいますよと、コメントを下さったkoukikoiさん。本当でした。

ただ、ここんところ、バ^スは起こして?くれません「ママ、僕はいつもそばにいるからね!」ってつたえるために呼んでいたのかもしれません。
いえいえ、ちゃんと起きている(6時から仕事)からかもれません
展示会の帽子!頑張って作っています
まだまだ、頑張れます
応援していてくださいね
ペット | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。