10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

高知新聞 11月17日付け「閑人調」コラム

2011年11月18日
一月に二回のコラムの出稿は以外と早くやってきます。

国内出張中は携帯メールから3回、ハワイからは同行した
高知新聞社の安岡記者に、PCで送ってもらいました。

便利になりました。

高知新聞 閑人調

「笑顔で握手」

 今月は龍馬月間である。昨年ほどではないが観光客のにぎわいがうれしい。13日には握手ができるシェイクハンド龍馬像の除幕式があり、県立坂本龍馬記念館に名所がまた一つ増えた。

 同記念館は今年「成人式」を迎え、イベントが盛りだくさんだ。先月は「アメリカで発信」と銘打って、ハワイとニューヨークでフォーラムが開かれた。

 私もプログラムの一つ、「幕末の志士たちの帽子展」を開催。多くのアメリカ人、日系人が熱心に見てくださった。ホームページでの販売の有無なども尋ねられ励みとなった。

 ニューヨークで日米交流に取り組む民間非営利団体「ジャパン・ソサエティー」では、アメリカが契約と保険社会であることを痛感した。それはアーティストと作品を守るためでもある。

 私にとって興味深いであろう展示会が開かれていることを親切に教えて下さった人もおり、早速出掛けた。途中、地下鉄を乗り間違えながらも、地元の親切な人に助けられ、貴重な収穫を得たことだった。

 旅は普段出会えない人と触れ合う楽しみもある。シェイクハンド龍馬のように、旅人と笑顔で握手する心優しい人とのつながりが広がれば、と願う。(冠)
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

高知新聞「閑人調―訪米雑感」

2011年11月15日
高知新聞に月2回のコラムを書かしてもらっています。

今回はアメリカのお話

「訪米雑感」

10月に10日間程、訪米。忙しかったこともあり、残念ながら円高での買い物の恩恵を受けずに帰国した。

私は沖縄県に生まれたので、祖国復帰する高校一年まで米ドルを使っていた。1ドル=360円。
当時と比べ、今は約1/4の70円後半までのドル安。時代の経過を強く感じる。

初めてNYに行ったのは30年近く前。1ドル=200円後半だった。マクドナルドのハンバーガーさえ高く感じた。今回は何を見ても適正か安いと感じた。

ユニクロが、マンハッタンの5番街にオープン。翌々日、バスの中から建物を見付けた。白地に赤の見慣れたロゴマークが並んでいた。夕暮れの中、長蛇の列が出来ていた。思わずカメラを向けた。単純に嬉しかった。

ファストファションの激しい進出で、ファション業界全体が、震撼とし森閑としている。好悪は別として、カタカナのロゴマークには感じるものがあった。

15年前、冬のミラノ。レコード店でドリカムの吉田美和さんの大きなポスターを見つけた。その時の暖かい気持ちと良く似た感情だった。

世界はひとつといえども、海外で同胞が頑張っている姿に、勇気をもらう。元気になる瞬間だ。
(冠)
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。